八極拳

八極拳は中国河北省の回族の村で発祥した武術である。
超至近距離からの肘打ちや体当たりを多用し、その威力は中国拳法界でも類を見ない。。

その特徴的な戦闘スタイルから、日本では漫画や格闘ゲームでたびたび取り上げられ、人気を博している。

八極拳の成り立ち

八極拳は1720年~1730年頃、イスラム教を信仰する回族の住む、河北省の孟村で発祥した。

八極拳の開祖は孟村の呉鐘(ごしょう)という武術家だが、彼がこの武術をどこから編み出したのかははっきりとしない。
郷土史によれば、呉鐘は 孟村を訪れた謎の拳士から八極拳と大槍術を教わったとされる。

呉鐘は村を出て、武術家として名を挙げ“神槍呉鐘”と呼ばれるに至った。北京では清の皇帝の槍術師範を務めた。
後に故郷に帰り道場を開いたところ、各地から教えを乞う物が殺到し、八極拳は広く伝承されることとなった。

八極拳は孟村の近くにある漢族の村、羅瞳にも伝わり、ここで独自の系統を産み出した。
孟村と羅瞳からは多くの優れた武術家が生まれ、名を成していった。

彼らは要人のボディーガードとして重用された。
清朝最後の皇帝・溥儀、毛沢東、蒋介石などの警護を務めたのも八極拳士である。
また八極拳の型は軍隊の正式科目として採用された。

八極拳の技術

接近戦の利点

八極拳の技法は、腕を伸ばし切れないほどの至近距離で戦うことを重んじている。

格闘において、武器や手足がちょうど相手に届く、最も戦いやすい距離というものがある。
しかしこの間合いを破って内に入れば、相手は付きや蹴りを繰り出すことができず 一方で近接格闘の技術を持つ者は防御を考えず攻撃を繰り出すことができる。
つまり自分の間合いに持ち込み、有利に戦うことができるのだ。

間合いを詰める技術

八極拳では、相手のふところに素早く飛び込み、最大威力の一撃を決めることを基本としている。
そのため相手に動きを悟られず、素早く接近する技術が存在する。
箭疾歩(せんしっぽ)」は離れた間合いから、予備動作なしで一気に飛び込んでいく歩法。熟練者は7~8メートルの距離をまばたきする間に詰めることができるという。
闖歩(ちんほ)」は足を踏みこむと同時に、急激に腰を落として敵の懐に入り込む歩法。この勢いを利用してそのまま掌打を放つこともできる。

八極拳の歩法(フットワーク)は上半身の揺れが小さく 動きが目立たないので、距離感を感じさせず接近することができる。

必殺の威力

八極拳の技は一撃必殺の破壊力を備えており
相手の防御ごと打ち破るほどの突撃で、攻撃を確実に叩き込むことを主眼に置いている。

その威力の源泉となるのが、床を削るほどの「震脚」(強い踏みこみ)だ。

接近して状態での攻撃には、掌底や肘撃(肘打ち)、靠撃(肩や背中での突進)が多く用いられる。

有名な技

・鉄山靠(貼山靠)
背中からぶつかる体当たり
格闘ゲーム「バーチャファイター」の主人公アキラの得意技として認知度を高めた

・外門頂肘・裡門頂肘
肘からぶつかる体当たり

・猛虎硬爬山
八極拳の奥義の一つ。
中段突きから、そのまま同じ腕で肘打ちなどの連続攻撃を仕掛ける。
八極拳の達人・李書文の得意技だったと言われている。

・寸勁
相手に手が触れるような距離から体全体をつかい衝撃を通す技。
寸勁は八極拳だけではなく多くの中国武術でみられる技法だが、
八極拳ではこのように至近距離から大きな衝撃を与える技術が研究されつくしている。

八極拳と槍術

八極拳を学ぶものは「六合大槍」という槍術を同時に習得する。優れた八極拳士は皆、優れた槍使いでもあった。
そもそも八極拳自体、槍使いが戦場で槍を取り落した時や、懐に入られた時の補助として発達した技とも考えられる。

また武器術を習わない現代の八極拳では、離れた間合いからの攻撃に対応しづらいという弱点がある。
そのため八極拳と共に、中距離を得意とする劈掛掌蟷螂拳を学ぶ者が多い。

八極拳はどんな人に向いてる?

もとは戦場での殺人術だが、現代では小柄な者の護身にこそ役立つかもしれない。
体得には長い年月を要するが、老齢者や非力な者でも大きな威力を出すことができる。
相手が油断しているなら、懐に飛び込むことは容易にできる。

ただ習得には時間がかかり、護身目的に習うには非効率的なので、やるなら趣味としてやるべきだろう。

八極拳を使う有名人

李書文(1864年 – 1934)

伝説的な八極拳士。
小柄で痩身だが怪力の持ち主で、試合では一打必倒の打撃で多くの武術家の命を奪っている。
八極拳の実戦性を世に知らしめた功労者といえる。

八極拳を使うキャラクター


剛拳児(拳児)


ジョンス・リー(エアマスター)


結城晶(バーチャファイター)

スポンサーリンク







スポンサーリンク