あなたはどの武術・格闘技をやるべきか?

最強になるにはどうすればいいか?・・そんなのは決まってます。
もともと強い人が、「強い人のための武術」をやればいいのです。

しかし、世の中それだけではありません。

弱い人が最低限の身を守るための護身術、
もともと強い人達がガンガンに体を鍛え どつきあう格闘技、
戦場で命を奪い合う実戦武術、
健全な身体と精神を養う武道、

など、目的に応じてやるべき武術は違ってくるのです。

そこで、これから新しい格闘技を始めたい!というあなたにピッタリな武術・格闘技を紹介します!

なお、道場の数など、日本での習いやすさも考慮しています。

ケンカが強くなりたい人のための武術

ケンカは体を鍛えたり型を練習するよりも
実際に人を殴るのに慣れること、シンプルで使いやすい技を覚えることが大事です。

寝技は確実に一対一の時しか使えないので実戦向きではないですね。

日本拳法

小難しい技の講義はそこそこに、ガンガンなぐり合って練習するのですぐに強くなれます。
寝技、投げ技、間接技ありで、素早く威力の高い突きも魅力。

ボクシング

手っ取り早く喧嘩に強くなりたいならこれ。
ただしライセンスを取ってしまうとケンカができなくなります。

截拳道(ジークンドー)

「路上のケンカで勝つ」ことを主眼に置いた武術。
先手必勝、ルール無用。すばやい打撃で手際よく相手を倒します。
日本拳法やボクシングほど練習は厳しくありませんが、ある程度の格闘センスが必要です。

フルコンタクト空手

もっとも強そうに見える武術です。「俺、空手やってる」と言うだけでもなんか強そうですね。
さらにかっこいい綺麗な構えをとれば、それだけで相手を威圧できるでしょう。

剣道

最強です。
木刀を持てば相手が何人いても勝てるでしょう。

※総合格闘技や伝統派空手なども強いですが、習得するまでに長い年月がかかるためここでは省きました。

身を守りたい人のための武術

空手やボクシングといった格闘技と、護身術では、戦い方も必要とされる技術も異なります。

護身術は相手を倒すことが目的ではありません。
目や金的を容赦なく狙い、相手に隙ができればすぐに逃げる。

むしろ護身術を使うのは本当に最後の手段で、そんな状況にならないための方法も教えてくれるところに通いたいですね。

少林寺拳法 (男女ともにおすすめ。長く続けられる)

力と体力のない人でも使える技術です。
パンチやキックはもちろん、手を掴まれて引っ張られたときの対処など護身の技を学べます
全国に道場があり、女性や子供の拳士も多く安心して通えます。

クラヴ・マガ (気軽に参加できる)

多人数やナイフで襲われるなど不利な状況を想定して練習します。
日本でもジムやセミナーが広まってきており、女性にも人気です
※エクササイズコースではなく護身用のカリキュラムを選ぶようにしましょう。

システマ (恐怖で固まる・パニックになってしまう女性向け) (ガチで襲われても生き残りたい男性向け)

システマは元々ロシアの特殊部隊などで秘密裏に伝えられてきた軍隊格闘技ですが、
元軍人のリャコブ氏が創始したリャコブ・システマは護身術として世界中に広まっています。
システマを習得した者は、突発的な事態にあっても痛みと恐怖を抑え、冷静に対処することができます。

ブラジリアン柔術 (女性におすすめ)

女性がレイプ被害にあう際は、ほとんどの場合、地面に押し倒されて行われます。
男性に押しかかられた状態から体を守り通すには、グラウンド(寝技)のテクニックが必須となるでしょう。
力よりも技が重要なブラジリアン柔術は護身術として優秀で、女性でもはじめやすく人気があります。

またウェンドーなど、海外で開発された女性のための護身術が日本でも広まりつつあります。

モデル・マギング…アメリカで数多くの暴行のケースを検証して開発された女性のための護身術。
ウェンドー…カナダで考案された女性用護身術。DV、知人からのレイプ、セクハラなどにも幅広く対応する。

日本のさまざまな護身術

古くからの日本の武術は、相手を傷つけず自分の身を守るのに適しています。
現代の護身術は、古武術の技を基にしながらも今に適した形に進化しつづけています。

体を鍛えたい人のための武術

体力をつけると健康になります。
肉体を鍛えると自信がつきます。
おまけに強くなれれば、言う事なしですね。

柔道

体力と筋力を鍛えるためにあるような武道。
練習はきついです。

レスリング

組み技系の格闘技は、とにかくムキムキになります。
ただし練習はとてもきついです。

キックボクシング

キックの選手はみんなカッコいい体つきをしてますよね。
キックは全身の筋肉がバランスよく鍛え上げらるし、股関節が柔らかくなります。
激しい運動をするので体力もつきます。

珍しいもの、かっこいいものを習いたい人の為の武術

マイナーな武術って、なんかカッコいいですよね。・・実際に使えるかは置いといて。

おもしろくて、しかも日本でもそこそこ教室があるものを選びました。

躰道

空手の亜種ですが、アクロバットな動きが多くてかっこいいです。

カポエイラ

カポエイラを実戦で使うのは勇気がいりますね。。
ダンスとしてやってる人がほとんどです。

ジークンドー

ブルース・リーの創ったジークンドーは、かなり実践的なケンカ殺法です。
が、競技者が少ないのが惜しい所です。

忍術

忍術の道場では忍術、体術、武器術などを教えてもらえます。
現代では実践しにくい兵法や道具が多いですが、日本の古い文化に興味があればぜひ。

骨法

格闘技界では「ぺちぺち拳法」などと揶揄されるうさんくさい武術ですが、ネタとしてはおいしい (⇒動画)

殺傷力の高い技を身に着けたい人のための武術

日本では危険な武術はなかなか教えてもらえませんね。

ムエタイ

ムエタイのキックは格闘技で最高の破壊力を持つと言われます。
足をムチのようにして全身で放つキックは凶器そのものです。

カリ・シラット/エスクリマ

カリやエスクリマなどと呼ばれるフィリピンの武術ではナイフ術が発達しています。
日本のカリやアーバンシラットの教室でも、たまにナイフ術をやることがあります。

小柄な人に向いている武術

八極拳

発勁を使った強力な体当たりや肘打ちは、小柄な人でも充分な威力を発揮できます。
李書文をはじめとした八極拳の達人たちは、みな非常に小柄だったと言われています。

合気道

合気道の開祖 植芝盛平、その師匠である大東流柔術武田惣角、昭和の達人塩田剛三。合気をつかうこれらの達人は三人とも160cmもない小柄な体格ですが、恐るべき強さを誇ってました。

合気(相手の攻撃の起こりに合わせて、その力を利用する術)が小柄な者にとって重要だという考えは、武田惣角の教育法にも見ることができます。

「─────柔術・体術・呼吸技・合気之術の大東流の体系は、学ぶ人の体型・性格・学歴等を見て、それにふさわしいものを選んで教えた。身体の大きい人には柔術技や当て身を多く使うもの、植芝先生や角義先生のように身体の小さい人には、呼吸技や合気技を教えた。」楽心館 氣と丹田の合気道会より)

スポンサーリンク







スポンサーリンク