喧嘩でのタックル、マウントポジション対処法

ここでは喧嘩でのタックルマウントポジション対処法についての動画を紹介します。

喧嘩でのマウントポジション対処法

ケンカの決着で一番多いのは、二人がもつれ合って倒れ、どちらかが馬乗り(マウンドポジション)になって殴りまくるというパターンです。

マウントポジションを取られてしまうと、こちらが手出しできないまま一方的に殴り続けられるので、なんとしても避けなければいけません。

・マウントポジションを防ぐには

・マウントポジションからの脱出法①

・マウントポジションからの脱出法②

喧嘩でのタックル対処法

タックルを食らうと一瞬で地面に引き倒され、マウントポジションを取られてしまいます。
タックルで倒されるのを防ぐには、両足をぐっと後ろに引いてから、相手に覆いかぶさることです。


喧嘩で相手からの一撃目を躱すには

とくに格闘技をやっていない人が喧嘩をするときの最初の一撃は、8割以上の確率で右手での顔面を狙ったパンチ。大振りで、フックのように少し外側から回り込むような軌道です。

なので、とりあえず顔へのパンチを警戒しておけば、高い確率で相手の初撃を躱して反撃することができます。

・対処例


・胸倉を掴まれている場合

スポンサーリンク







スポンサーリンク