シラット

シラット(Silat)は東南アジアに広く伝わる伝統的な武術である。
インドネシアではプンチャック(Pentjak)と呼ばれる。

特にシンガポール、インドネシア、ベトナムなどではスポーツ競技として人気があり、また護身術やエクササイズとして高齢者、女性にも親しまれている。

また、シラットは武道であり、「礼節や他人への思いやりを身に付け、心豊かに生きる」という精神修行の一面も有している。

一方で、殺傷力の高い技術は欧米の軍隊にも取り入れられ、ローコンバットの元となっている。

シラットの成り立ち

シラットは1500年以上前に、マレー群島(現マレーシア・シンガポール・インドネシア・ブルネイ周辺)で発祥したとされているが、文献もほとんど残っていないので詳しい起源は不明である。二千年前の中東で誕生し、東南アジアに伝わったという説もある。


古来、王室の護衛がシラットを修め、また兵士の訓練にも使われていたとされるが
17世紀に入りインドネシアがオランダの植民地になってからは、反乱防止の為にシラットの修練を禁止されていた。

しかし第二次大戦中に日本軍がインドネシアを占領したのち、日本は東南アジアを白人の手から解放するためシラットを推奨した。
日本当局はシラットの各流派の師範を集めて技術の統一を図り、簡潔で習得がしやすい「近代シラット」をまとめあげた。
これは後に、インドネシアが独立戦争を行った際に大々的に利用された。

現在では習い事として普及するとともに、競技化され東南アジアにおける人気スポーツとして試合、大会が行われている。

シラットの技術

シラットは地域によって何百もの流派があり、その技術も膨大なものになるため一概に説明することはできないが、ここでは日本軍によって統一された「近代シラット」について述べる。

シラットの特徴は素早い動き(手数の多さ)であり、
チョップ、掌底、水面蹴りなどを次々に繰り出すことができる。

ひじ打ちや関節技、足払いを多用し相手を地面に引き倒す技が豊富だが
一対一ではなく、多数相手や乱戦を想定しているため寝技はほとんど存在しない。

武器術としては、草木が茂る密林でのゲリラ戦のため、短剣暗器による急所への一撃必殺が基本。
都市での護身を目的としたアーバンシラットでは、ナイフ術が発達している。

シラットはどんな人に向いてる?

日本ではさほど普及しておらず道場も少ない。数ある武術の中からあえてシラットを選ぶ利点はないだろう。

どうせなら変わったものがやりたい、という方や
エスニックや雰囲気が好き、東南アジアの文化に興味がある、という方には良いかもしれない。

アーバンシラット研究会

シラットを使うキャラクター


槙島聖護(PSYCHO-PASS)


桜井裕章(喧嘩商売)


風林寺美羽(史上最強の弟子ケンイチ)

シラットに関連する武術

カポイエラ
シラットが弾圧されていた植民地時代、人々は舞踊の動きにまぎれてこっそりと技術を伝承していた。
そんな経緯はカポイエラとそっくりである。

サバット
足技主体のフランスの格闘技。
名前がなんとなく似ているので混同されやすい。

スポンサーリンク







スポンサーリンク