蟷螂拳

蟷螂拳(とうろうけん)(螳螂拳、Mantis Boxing)は中国拳法の一つ。

蟷螂(カマキリ)を模したとされる独特の構えから日本では色物拳法といったイメージがあるが、内実実戦性に優れた地味な技法が多い。
中国国内で多くの門派を持つメジャーな拳法である。

蟷螂拳の成り立ち

蟷螂拳の起源ははっきりしないが、最も有名なのは
「清朝初期?(時代は資料によって大きく異なる)に、山東省出身の王朗という武術家が創始した」という伝説である。

───王朗は嵩山少林寺で修業を積んだが、ある師兄(兄弟子)にどうしても勝つことができなかった。そのため武者修行の旅に出て中国各地の名人に教えを乞うてまわった。
ある日、旅の途中で休んでいた王朗の前で、一匹のカマキリが素早い動きでセミを捕えた。この様子に理想の拳法の姿を見出した王朗は、カマキリの動きを研究し自身の拳法に取り入れた。これこそが蟷螂拳の始まりである。
少林寺に帰った王朗が師兄と手合わせをすると、もはや負けることはなくなっていた。その後王朗は下山し、故郷の山東省で蟷螂拳を教え広めたという。───

この王朗という人物が実在したかは定かではないが、蟷螂拳が戦乱の多かった山東省で発達してきたことは事実である。
山東省から中国全土に広まった蟷螂拳には多くの門派が生まれ、中国拳法を代表するメジャーな拳法となった。

南派蟷螂拳

この記事で紹介する蟷螂拳は全て、世界的にメジャーな「北派蟷螂拳」のことだが、
その他に「南派蟷螂拳」と称される、起源の異なる蟷螂拳が存在する。

南派蟷螂拳は清代に周亜南という人物によって創始され、広東省で伝えられきた。
北派蟷螂拳とは異なる技術で、体を強靭に鍛え苛烈に攻める剛の拳法である。その動きは北派と較べて、よりカマキリらしさがある。

蟷螂拳の技術

蟷螂拳は俊敏な動きと連続攻撃が特徴。
「一息の間に5発の攻撃を繰り出す」と言われる上段、下段のコンビネーションに、独特の投げや足払いなどを織り交ぜた連携技で相手を封じることを得意としている。

蟷螂拳の型は少林拳をはじめとする中国北部18門派の集大成と言われており、多数の打撃技、投げ技、関節技を含む。
そしてこれに「蟷螂手」といわれる独特な手形と、「猿猴歩」といわれる猿の動きからヒントを得たトリッキーな足運びが加わっている。

蟷螂拳の套路(型)

蟷螂手


蟷螂拳は「蟷螂手」といわれるカマキリのような手形を使う事で知られている。
この手形は相手の目を突くときや、相手の腕を巻き込み体勢を崩させる時などに使用される。
ただし、実際にはさほど多用されない。

腿法

蟷螂拳ではスピードのある動きを重視するため 動きの大きな蹴りは少ないが、
足払いや足を引っかけながらの独特の投げ技を多用する。

単発で使うのではなく、蟷螂手の動きで手に注目を集めておいて、足払いを掛けるフェイント技や
相手の蹴りを手で受けると同時に体を回転させ、足を引っかけて倒すなどのコンビネーションで使われる。

また、片手で逆立ちしながら相手の顎を二連続で蹴り上げる穿弓腿(せんきゅうたい)、
地を這うように相手の軸足を刈る前掃腿(ぜんそうたい)など、独特の腿法(蹴り技)が存在する。

蟷螂拳の門派

北派蟷螂拳には多くの門派が存在し、それぞれ異なった風格を持っているが
大きくは『硬蟷螂拳』と『軟蟷螂拳』という二種類に分類される。

硬蟷螂拳は激しく剛猛な動きを特徴とし、七星蟷螂拳や梅花蟷螂拳、秘門蟷螂拳などの門派が有名。
軟蟷螂拳は太極拳のようなしなやかな動きを特徴とし、六合蟷螂拳などの門派が有名。
また両派の中間に位置する門派として八歩蟷螂拳が有名である。

兵器

蟷螂拳には剣、刀、槍をはじめとした非常に多岐にわたる器械套路(武器を使う型)が存在し、拳士によって得意な兵器は異なる。
近年の拳士の間では実戦性の高いや、カマキリの様に両手でふるう双鈎の人気が高い。

蟷螂拳はどんな人に向いてる?

何年も基礎鍛練と型の修業に励む他の拳法と比べ、蟷螂拳は初期のうちから組手で技を学んでいく場合が多い。
そのため学んですぐに使える拳法として人気が高く、アジアやヨーロッパ、アメリカなどでも普及している。

蟷螂拳には足技が多く、足の長いほうが有利である。そのため古くから、蟷螂拳の名人には大柄な者が多かったという。

蟷螂拳を使うキャラクター


リオン・ラファール(バーチャファイター2)


殺人機械(男組)

蟷螂拳に関連する武術

少林拳

蟷螂拳の型は少林拳、猿拳、通背拳など多くの拳技を取り入れており、中国北部の武術を総合した拳法と言える。

スポンサーリンク







スポンサーリンク