中国のさまざまな武術

中国武術の歴史は古く、その歴史は実に数千年を数える。
武術は命を懸けた争いの中で、常に磨かれ、影響を与えあい、生み出されていった。

現在ではメジャーなものからマイナーなものまで数百種類もの拳法が存在している。

その中でも特に有名なものをいくつか紹介しよう。

詠春拳(えいしゅんけん)

すばやくコンパクトな手技を活かした接近戦を得意とする。
気功の修練を積まなくてもすぐに強くなれるため、ケンカっ早い若者に人気がある。


ブルース・リーの創始した截拳道(ジークンドー)は、この詠春拳がベースとなっている。

兵器は八斬刀と呼ばれる二刀一対の短剣がよく使われる。

劈掛拳(ひかけん)・劈掛掌(ひかしょう)

体の力を抜き、両手を振り回しながら攻撃する。

劈掛拳は間合いが長いことが特徴。
短い間合いしか持たない八極拳士は、弱点を補うために劈掛拳を同時に習うことが多い。

通背拳(つうはいけん)

テナガザルの動きを模したと言われる拳法。
両腕をムチのように柔らかくしならせ、長い間合いから強力な打撃を放つ。
腕の使い方は劈掛拳に似ている。



通背拳は守りを重視しており、遠い間合いでの攻防を得意とする。

長拳(ちょうけん)

長拳は 査拳、華拳、弾腿、紅拳、炮拳などの中国北部に伝わる拳法の総称であり、表演(演武大会)の種目の一つでもある。
長拳系の武術は動きが大きくて理解しやすいので、初めて武術に触れる入門者に向いている。遠近の間合いと打撃・投げなどの技法を幅広く抑えており、突出した部分のないプレーンな技術体系とも言える


長拳は動きが派手なため、演武大会でも人気のある種目となっている。

心意六合拳(しんいりくごうけん)

常に前進しながら強力な発勁を打つ、攻撃的で豪快な拳法。
体当たりや頭突きなど体全身を使う技が多く、接近戦に強いことなどが八極拳と共通している。


心意六合拳は形意拳と同じく、心意拳から独自に発展した。

八卦掌(はっけしょう)

あまり拳を握らず、掌(てのひら)での攻撃を多用する拳法。
開手で相手の攻撃を流し、暗勁をたたきこむ、力に頼らない戦法ができるので女性にも人気がある。



蛇のように柔らかい動きで相手にまとわりつきながら、相手の視界の外からの、思いもよらない角度で攻撃をくりだす。

翻子拳(ほんしけん)

動作がとても速く、すばやい拳の連打で相手を打ち崩す。
その様は「両拳は閃電の如し、双拳の密なること雨の如し」と形容される

洪家拳(こうかけん)

中国南派を代表する拳法。洪拳とも呼ばれる。
腰を落とした姿勢から重く鋭い拳打をくり出す


ジャッキー・チェンが得意としており、世界的にも有名な拳法である。
洪家拳をはじめとする南派武術は空手のルーツとされており、実際に空手の技術に大きな影響を与えている。

地功拳(ちこうけん、ちしょうけん)

地面を転げまわりながら戦う変則的な拳法。蹴り技が多くカニばさみも得意。
日本の躰道にも似たアクロバットで変幻自在な動きのため、相手に捕捉されにくい。


[Youtube – 沖縄で地面を転がり宙を飛ぶ拳法を目撃!]

酔拳(すいけん)

“酔えば酔うほど強くなる” とされ映画などで登場する酔拳架空の拳法である。

ただし中国では、変則的で意表を突くような動きをする型や流派の呼称として「酔拳」が用いられることがある。

酔拳のような重心を固定しない立ち方は、相手の意表を突くほかにも、力みを抜き”居着き”をなくすために有効である。

意拳(いけん)

1920年代に創始された新しい拳法で、中国全土に広まっている。
形意拳などさまざまな拳法を元にしているが、決まった型を持たないことや、站椿(同じ姿勢で立ち続ける鍛錬法)を非常に重視することなど革新的な特徴を持つ。

意拳はその達人たちにより実戦性が証明され、あらゆる中国武術の粋を集めて大成した拳法という意味で「大成拳」と呼ばれることもある。

【関連記事】

気功?発勁?中国武術の気になる用語を解説!

スポンサーリンク







スポンサーリンク